シカクマニアノホシ
資格のページへ

電験3種のページ

電験2種の受験体験記や使用した参考書を紹介してます。

資格のページへ
電験1種のページへ
電験2種のページへ

基本的にはブログ「資格マニアと*ist DSの関係」の内容を再掲しています。


目次

電験3種の勉強方法

2種の勉強をする!
丸暗記をやめる!
数学の勉強をする!

ボクが平成13年度に取得した第3種電気主任技術者試験(通称電験3種)の勉強方法と微妙に受験体験記です。
まあ、読んでみて下さい。後悔するよ?

資格のページへ
シカクマニアノホシへ


電験3種の勉強方法

2種の勉強する!

ボクは、えーと、平成13年に電験三種を初受験して合格しました。
結構前の話ですなあ。
そのときの三種の合格率は12%でした。
結構狭き門ですねえ。

さて、その電験三種に一発合格した勉強方法をお教えしちゃいますよ!
すごく単純な方法です!

電験二種の勉強するだけ。
コレダケ。

いやね、「三種受けるのに、二種の勉強ナンカするわけねーだろ!ふざけんじゃねーよ!!」って感想を持たれるかもしれませんが、結構マジメにお勧めするんですよ。
三種を受けるために三種の参考書を買ってきて三種の勉強する、というある意味誰も疑問に思わない常識を皆さんお持ちだと思います。
ですが、その常識は正しいのでしょうか??

三種を目指しているアナタは、去年も三種を受験しましたね?
その時、三種の勉強をして、不合格となりましたね??
これがあなたの経験です。

それに対して、ボクは二種の勉強をして、三種に受かりましたよ。
これが僕の経験です。

じゃあ、三種の勉強をするほうが良いのか、二種の勉強をするほうが良いのか?
アナタとボクの経験から考えましょう。
答えは一目瞭然ですね!
二種に決まってる!
アナタの常識は書き換えられた!

よし、誘導尋問終了。
…ちょっと無理がある展開は承知していますが、三種の公式丸暗記方式よりも、二種の公式導出方式のほうが、勉強方法としては適切だと思います。
よりレベルの高い問題を解けるようになる実力をつけちゃえば、三種はラクに受かるようになるわけです。

というわけで、三種を受けるために二種の勉強をしてみたらどうでしょうか?との提案です。
ボクが
二種の勉強に使った参考書とか書いている記事もありますよ!!読んで!

…というか、三種用に買った参考書ってないのであります。

 

丸暗記をやめる!

いきなりですが、電験三種と二種の一次を比べると、三種のほうが難しいですよ。
いや、問題自体は2種のほうが高度なモノが出ますし、そういった意味では2種のほうが難しいです。
でも、合格しやすいかしにくいかという点においては、3種のほうが難しい(はず)!

なぜなら2種の方が選択肢から正解を選び出せる確率が高い問題形式になっているから。
3種はサイコロ振って適当に選んで正解になる確率は20%。
これに対して2種は40%(?…ボク理論において)。
理由は長くなるので、
前に書いた記事参照のこと。

で、何をいいたいかというと、3種は運頼みではほとんど合格できそうにないってこと。
ちゃんと勉強して実力をつける必要があります。

では実力をつけるための勉強方法はどのようにすればよいでしょうか?

参考書に書いてあることを全部暗記することですか??
電験問題には星の数ほどの公式があります。
電験受験者を見渡すと、これらを全て暗記することが、電験の勉強だという風潮があります。

ですが、ボクは

公式丸暗記しても無意味!!

と言いたい!

公式って限られた条件でのみ有効なので、ちょっとでも条件が変わっちゃうと適用できなくなります。
アナタが暗記した問題と全くおんなじ問題が本番でも出てくれれば解答できるけど、少しひねると途端に手も足も出なくなる。
そういう体験した方もいらっしゃるのではないでしょうか??

じゃあ、一体どうすればよいのか!?

定理・法則を理解すべき!!

と言いたい。

身に付けておくべき定理って数が知れてます。
ボクの思う法則・定理って以下の通り。

・オームの法則
・キルヒホッフの法則
・R,L,Cの定義
・レンツの法則
・クーロンの法則
・フレミングの左手の法則
・ガウスの定理
・マクスウェルの式
・運動方程式
…とか?

大体このくらいあれば、ほとんど全ての公式を自力で導出することができます。

例えば、同期発電機の電圧と回転数の関係式はレンツの法則から即導き出せます。
テブナンの公式はオームの法則とキルヒホッフの法則から。
あと、なんかいろいろ…。思いつかん。(…微妙)

とにかく、こいつらを理解してしまえば、電験に出てくる公式ってやつは全て自力で導出できるのです。
そして初めて見る問題でも、頑張って解くことができるわけです。

そんなわけで、丸暗記よりも、定理の理解を進めたほうが、3種の合格は近いはず、ということです。

電験の勉強=暗記ではない!

そんな感じ。

 

数学の勉強をする!

今回は電験3種の勉強として、数学を勉強することをオススメします。
あえて言おう!
電験に数学は必須です!!

電験3種には数学力はほとんど要らない、暗記力で勝負、という風潮が世間にはあります。
ですが、それは果たして正しいのでしょうか??

三種を目指しているアナタは、去年も三種を受験しましたね?
その時、数学に関しては全然勉強せずに暗記中心の勉強ばかりしていて、不合格となりましたね??
これがあなたの経験です。

それに対して、ボクは数学の基礎を十分身に付けて、三種に受かりましたよ。しかも一発で。
これが僕の経験です。

じゃあ、アナタの勉強方法(暗記中心)とボクの勉強方法(数学中心)のどちらが合格に有効でしょう?
アナタとボクの経験から考えましょう。
答えは一目瞭然ですね!

数学が電験合格に有効だ!!

アナタの常識は書き換えられた!

…とまあ、先日書いたような文章を垂れ流してみる。

実のところ数学といっても、電験3種ではそれほど高度なものが要求されるわけじゃあないです。
せいぜい高校生レベルで習う程度の範囲を「まともに」理解できていれば十分です。
ですが、その高校生レベルの数学といっても、割と忘れている場合が多いです。
電験においてはsin,cosの定義と計算が重要となってきます。
しっかり復習しておきましょう!

さらには、社会人になって理系の仕事についていないような方なら、まず間違いなく二次方程式の解法すら忘れていることでしょう。
使わない知識はあっという間に記憶から薄れていくものです。
もしかしたら、+−×÷の計算順番も怪しくなっているかも?
あと、掛け算の九九の7の段あたりが怪しくなってきたりしてません?(それはボクのことですか…?)
この程度になると、数学というより算数になってきます。
見栄を張らずに小学生向けの算数の教科書を読み返したほうがよろしいでしょう。

数学(算数)は電験のような理系の試験には必須になります。
文系試験ならいざ知らず、理系試験を暗記のみで乗り切ろうとするのは方法が間違っています。
もちろん電験には暗記だけで解ける問題も多くありますが、その数を考えてみると、合格ラインに達するには不十分な数です。
暗記だけでも、運よく科目合格はできるかもしれませんが、来年も運よく科目合格を追加できるとは限りません。
そして科目合格&科目合格無効の無限スパイラルを繰り返すかもしれません。
ですが、少しの数学力を追加すれば、十分合格ラインに達することができます。
遠回りに見えるかもしれませんが、まずは数学という基礎を固めてから一歩一歩着実に進んでいくことを勧めます。

まあ、受験まであと1週間の時点で数学がどうのこうの言ってます。
今回の受験結果が合格だろうが不合格だろうが、数学の勉強をしておいて損することはありません。
今回見事に合格すれば、次は2種の受験のために数学は必須になります。
惜しくも不合格となってしまっても、来年の再受験に備えて数学を鍛えることはもちろん必要です。

というわけで、今すぐ数学を復習してみたらどうでしょうとの提案でした。

数学はこの世の中の全ての基礎になっています。
例えば、あなたが今見ているインターネットだって、数学がなければ存在できません。
データは全て二進数であり、まさに数学です。
データエラーの検出&訂正には数学的手法が使われています。
データの暗号化には素数の計算が使われています。
直接データに関わること以外にも、回線やサーバの増設には将来負荷予想を計算したりするし、設備投資と儲けを比較することだって計算が必要です。
さらにはインターネットには電気が当然必要です。
電気のためには電験でご存知の通り、いろんな計算が必要です。

よく学校で数学なんて習っても社会に出ても何の役にもたたねーぜ!なんていう野郎がいますが、大間抜けです。
学校はなぜ数学が必要とされるか良く教えてやるべきです。

 

 

資格のページへ
シカクマニアノホシへ

資格マニアと*ist DSの関係

ボクが電験3種受験で使った参考書です。っていうか2種でつかった参考書そのままですよ!!

一次対策の参考書


二次対策の参考書

inserted by FC2 system